スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR四国キハ32形 キハ32 14

2014.06.11.Wed.10:21



キハ32 14 高知運転所(敷地外から撮影) 2014.02.01

高知運転所の敷地外から、留置車両を撮影。

高知運転所は、もともと高知駅に隣接していました。ところが、高知駅の高架化により、2002(平成14)年、布師田ー土佐一宮駅間の現在の場所に移設されました。運転所内には将来の電化を見据えてか、架線柱が立っていました。私が行った時間帯はちょうど朝ラッシュが一段落した頃で、気動車が忙しそうに往来していました。1000形の4連なんてあるんですね。

撮影したキハ32形は国鉄末期に製造された気動車です。1~21までの21両が製造されました。このうち1~11は丸ライト・銀サッシの新潟鐵工所製、12~21は角ライト・黒サッシの富士重工製となっています。新潟製は松山、富士重工製は高知に配置されていますが、最近では高知にいた富士重工製の一部が松山へ転属しているようです。

新製以来、地味な系列という印象が拭えませんでしたが、海洋堂ホビートレイン、そして鉄道ホビートレインが登場し、最近になって注目されつつあります。





関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。