スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙石東北ライン HB-E210系

2015.06.02.Tue.21:48
2015(平成27)年5月30日に「仙石東北ライン」が運行を開始しました。ここで専用的に使用されるHB-E210系について、運行開始の翌日(5月31日)に撮影・乗車することができました。

HB-E210系はこの仙石東北ライン用に製造されたハイブリット式の気動車です。HB-211形とHB-212形の2両1組となっており、便所の有無などの違いがあります。外装はE129系、内装はE721系のデザインにそれぞれ近い印象です。

まずは仙台駅で内装の撮影をしました。



HB-E210系 仙台 2015.05.31

仙石東北ラインはHB-210系を2本つなげた4両編成が基本のようです。




HB-E211-4 仙台 2015.05.31

運転台側から連結面を向いて撮影。
左奥に見える青っぽい扉が、首都圏の近郊型車両でよく見られる車いす対応便所です。



HB-E212-8 仙台 2015.05.31

連結面から運転台側を向いて撮影。
左手前にはバッテリーを搭載しているのであろう機器室が見えます。



変態的な座席配置 仙台 2015.05.31

排気管等の都合なんでしょうか、変則的な座席配置の箇所がありました。

続いて、仙石東北ラインに初乗車。新しくできた、東北本線の塩釜駅と仙石線の高城町とを結ぶ「仙石・東北接続線」をはじめ、震災から復旧した仙石線の野蒜近辺も含め、石巻まで通して乗車しました。

仙石・東北接続線は思っていた以上に呆気ない印象でした。それもそのはず、東北本線と仙石線が並走する区間があることを初めて知ったので、想像以上に短い連絡線だった、というのが本音です。開通したてということもあるのか、本線上や接続線上は低速・停止を繰り返しながら慎重に進んでいきました。

仙石東北ラインの乗車後は、適当な駅で形式写真を撮影することにしました。



HB-E211-6 岩切 2015.05.31




HB-E212-4 石巻 2015.05.31

HB-E211形とHB-E212形とで、エンジンの位置に違いがあることを発見。
(HB-E211形は連結面寄り、HB-E212形は運転台寄り)

仙石・東北ラインに乗りながら上記以外で形式写真の撮れる駅を探していたのですが、残念ながら見つかりませんでした。現状の運行区間では、タイガーロープが床下に被ってしまうようです。

※おまけ
外観がそっくりであろうE129系の写真を貼っておきました。



クモハE128-102 新津 2015.05.16





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。