スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本キハ40形 キハ40 502

2014.06.30.Mon.22:08



キハ40 502 新津 2014.05.26





キハ40 502 新津 2014.05.26





キハ40 502 新津 2014.03.16

原形を保つ数少ないキハ40形500番台の初期車の1両、キハ40 502が撮影できたので紹介します。こちらの車両については数回の新潟訪問で両側の形式写真撮影+内装写真の撮影が実現しました。運用を狙った訳ではなく偶然が重なって撮影できたものなので嬉しい限りです。

キハ40形500番台は501~594の全94両が製造されました。このうち~520までの20両は初期車で、台車の形式、タイフォンの大きさ、側窓の配置、排障器の形状など、多くの点が異なります。このような相違点は同形の100番台でも見られます。

また、内装も初期車独特の違いがあり、化粧板の色が~520では淡緑1号、521~ではクリーム色9号へ変更されています。

さらに興味深いことに、500番台初期車はその多くが改造されています。文字でまとめると、次のようになります。

506→キハ48 701(リゾートしらかみ橅編成)
507→キハ48 1701(リゾートしらかみ橅編成)
510→キハ48 702(リゾートしらかみ橅編成)
511→会津鉄道AT401
515→キハ48 704(リゾートしらかみくまげら編成)
520→キハ48 703(リゾートしらかみくまげら編成)

上記に挙げた車両以外は、廃車されたか原形のままで残る車両のいずれかです。2013(平成25)年現在、原形のまま残る500番台初期車は502、514の2両のみとなっています。2012(平成24)年までは517、518も在籍していましたが、末期は保留車となっていたようです。





スポンサーサイト

JR水郡線 袋田-上小川

2014.06.26.Thu.12:14



JR水郡線 袋田-上小川 2013.11.16

袋田-上小川間にある、第四久慈川橋梁で撮影。

友人に誘われ車を出してもらい、紅葉真っ盛りの水郡線に参戦してきました。実際に見た紅葉は写真よりもずっと赤く、鮮やかな車両とのコントラストが非常に綺麗でした。この撮影の後で、ホワイトバランスの設定を曇りモードにすると、赤味が強調された写真が撮れることを知りました。ちょっと残念。

鉄橋の下を流れる久慈川では、サケの遡上が見られました。浅瀬には力尽きたサケの姿があり、自然の移ろいと同時に厳しさを目の当たりにしました。

写真はキハE131+キハE132+キハE131+キハE132の4連です。個人的にはキハE130+キハE130+キハE131+キハE132の4連を期待していましたが、こちらはこちらで編成の統一感がありました。水郡線は単行から4連まで活躍しています。単行は、朝の始発上り列車のみだそうです。

普段、房総のローカル線を撮影する際は列車を利用しています。向こうはそこそこ本数があるので、列車移動で撮影できない分を損だとは感じてませんでした。ところが、今回のような水郡線の閑散区間では、列車間隔が大幅に空く時間帯もあり、車移動の方が圧倒的に有利です。ここにたどり着くまでに、教習所のクランク道が出現したのには驚きました。





JR久留里線回924D 平山-上総松丘

2014.06.23.Mon.01:16



JR久留里線回924D 平山-上総松丘 2013.07.27

長閑な印象の強い久留里線ですが、平日の朝夕ラッシュを中心に4連が活躍します。2012(平成24)年3月のダイヤ改正以降、朝の4連運用が久留里→上総亀山→木更津の1本になってしまったことから順光で撮るのが困難になってしまいました。しかしながら順光で撮れる撮影地は1ヶ所だけ存在します。久留里線マニアの間では「浦田踏切」として知られる踏切がそこです。

今回の写真はそことは異なる、平山ー上総松丘間にある産女踏切から木更津方を向いて撮ったものです。本来であればド逆光の構図となるのですが、背景の竹林と程よい光線のおかげで霧の中を進む迫力ある写真に仕上がりました。因みに、久留里から上総亀山まで回送中の回924Dを撮影したものです。

2012(平成24)年12月の車両交代に始まり、2013(平成25)年3月改正ではワンマン運転の開始、日中の一部列車で単行列車の復活、2014(平成26)年3月改正では久留里-上総亀山間の日中減便+区間列車の新設、を経てもなお、4連運用が残っていることには驚きです。この姿が過去のものとならないうちに、再び撮影へ行きたいですね。




JR高徳線 3004Dうずしお4号 古高松南-屋島

2014.06.20.Fri.08:22



JR高徳線3004D うずしお4号 古高松南-屋島 2014.02.04

高徳線内を走る特急「うずしお」の多くは2~3連です。ところが写真のうずしお4号は、朝の通勤時間帯を走行するということもあって、5連で運行されます。N2000系の長編成が撮れる貴重なチャンスだと思い、四国へ行ったら一度は撮りたいと臨みました。

実は、この写真を撮る前日はオレンジタウン駅前の直線区間で撮影を試みています。ところが生憎の濃霧で、撮ったは良いものの、肝心の被写体は霧に隠れて全く見えない状態…リベンジを決意。




JR高徳線3004D うずしお4号 造田-オレンジタウン 2014.02.03

またこれとは別に、うずしお4号を順光で撮れる撮影地を同時に探していました。しかしながら徳島→高松と西進する列車に対して太陽が右から差すわけなので、順光で撮れる場所など皆無で、ここと讃岐津田-神前間くらいしかありませんでした。双方についてYoutubeの前面展望で確認したところ、後者はどうやっても撮れないことが判明。一方こちらはなんとか撮れそうかも?と期待、前日のリベンジに至りました。

撮影時は曇ってしまいましたが、上手く編成全体が収まったので良かったです。高徳線の撮影地を画像検索しても、こちらで撮影した作例はなかったので、新たな撮影地開拓ができた気分です。

ちなみに撮影した編成は、2400形の量産先行車2424が先頭、2450形の量産先行車2458が最後尾でした。なんという偶然。どうやら私が四国を後にしたのちに、2424+2458の2連が組まれたようです。




JR高徳線5027D うずしお27号 高松 2014.02.03






JR四国1000形 1002

2014.06.16.Mon.22:15



1002 多度津 2014.02.02

多度津の留置線に停まっていた1000形です。

昨日、私は高知での撮影を終え、多度津まで北上する道中で、土佐山田から小歩危まで写真の1002に乗車していました。その翌日に多度津で1002を見かけたわけで、私を追って北上してきたみたいです。調べてみると、多度津ー琴平間にも気動車の下り普通列車が2本設定されているので、いずれかの運用に入るのでしょう。

形式写真を撮るにあたって、好みの構図で撮ると背後の電柱がうまいこと裏被りしてしまうことが判明。電柱が裏被りするか、好みの構図を崩すかの取捨選択に迫られました。

ここからは余談。善通寺に住んでいる友達と会ったときに「宇多津へ出掛けようとすると、土讃線と予讃線で時刻表のページが分かれていて不便」と話していました。なるほどな、と思った次第です。





JR四国キハ32形 キハ32 14

2014.06.11.Wed.10:21



キハ32 14 高知運転所(敷地外から撮影) 2014.02.01

高知運転所の敷地外から、留置車両を撮影。

高知運転所は、もともと高知駅に隣接していました。ところが、高知駅の高架化により、2002(平成14)年、布師田ー土佐一宮駅間の現在の場所に移設されました。運転所内には将来の電化を見据えてか、架線柱が立っていました。私が行った時間帯はちょうど朝ラッシュが一段落した頃で、気動車が忙しそうに往来していました。1000形の4連なんてあるんですね。

撮影したキハ32形は国鉄末期に製造された気動車です。1~21までの21両が製造されました。このうち1~11は丸ライト・銀サッシの新潟鐵工所製、12~21は角ライト・黒サッシの富士重工製となっています。新潟製は松山、富士重工製は高知に配置されていますが、最近では高知にいた富士重工製の一部が松山へ転属しているようです。

新製以来、地味な系列という印象が拭えませんでしたが、海洋堂ホビートレイン、そして鉄道ホビートレインが登場し、最近になって注目されつつあります。





JR四国1500形 1566

2014.06.08.Sun.21:26



1566 徳島 2014.02.02

前の記事の1558と同様、徳島駅で撮影した写真です。

1500形はこれまでに1次車~8次車が登場しています。そのうち、7次車にあたる1566と1567については近畿車両製で、新潟トランシス製がメインの1500形の中では特徴的な外観となっています。7次車では内装も大きく変化し、従来の転換クロスシートから一転、1500形では初となるロングシート・クロスシートを組み合わせた四国特有のものとなっています。8次車では再び新潟トランシス製に戻りましたが、座席配置は7次車のものを踏襲しているようです。

訪問前に下調べしたときは、製造メーカー・年次の区別なく混結されていたのですが、撮影時には7次車だけで2両を組んでいました。特徴的な内装の写真については今回の訪問では撮影できなかったため、若干心残りです。

私が徳島駅に到着した時点では、留置線の引きがとれない位置に停まっていて歯がゆい思いをしていました。ところがしばらくして佐古方へ引き上げて徳島線ホームに入線してきたため、ようやく見せられる写真に収めることができました。





JR四国1500形 1558

2014.06.07.Sat.12:41



1558 徳島 2014.02.02

徳島運転所に留置中の1500形気動車を撮影。

1500形は2006(平成18)年から製造されています。製造年次によって細部に違いが見られるのが面白い点で、現在は8次車まで増備が進んでいます。

細かい形態差を確認するには形式写真を撮影するのが一番、と意気込み撮影に望みましたが、1回の訪問だけでは全ての仕様を押さえることはできませんでした。再訪の余地がありますね。なお、1次車から4次車までの形態差については、鉄道ファンの2010年10月号(No.594)で詳しく述べられています。因みに写真の1558は、2011(平成23年)製の5次車のトップナンバーにあたります。

徳島運転所は1500形をはじめとする各在籍形式のほか、時間帯によっては「うずしお」で運用される2000系気動車も撮影でき、非常にバラエティーに富んでいます。





関東鉄道常総線 取手ー西取手

2014.06.06.Fri.10:01



関東鉄道常総線 取手-西取手 2013.09.26

曇りの日の平日に関東鉄道常総線で撮影した時のものです。

キハ5000形から始まった白地に赤帯・青帯の新塗装は、在来車にも波及しています。ここでしばらく撮影を続けていましたが、いくら待っても新塗装の単行がやってくる状況。新塗装が増えたことに驚きましたが、それ以上に日中とは言え複線区間も単行だらけなことに驚きました。

その単行、走行写真として撮影するのは難しいと最近では感じています。というのは、編成車両と違って編成に変化をつけられない分、単調な構図になりがちだからです。車両メイン、同じ構図で撮るのなら、形式写真で済んでしまいます。

そこで最近は、周囲の風景を多めに取り込むようにしています。また、できるだけその路線らしさを盛り込めるように心掛けています。今回の場合は、複線区間の非電化である点と掘割の緑を生かした構図にして、車両の大きさは控えめにしています。効果の程はいかがでしょうか。




いすみ鐵道 西畑ー総元

2014.06.05.Thu.19:57


いすみ鐵道56D 西畑ー総元 2014.02.09

首都圏を大雪が襲った翌朝、いすみ鐵道で撮影していました。

前日の夕方、雪が降るなか出発しました。千葉駅で抑止を食らったり、茂原から大多喜行きのバスに乗り換えるなどして、やっとの思いで到着。首都圏のJR各線が昨夜の大雪で運休している中、いすみ鐵道は始発から平常運転のようです。

写真は、西畑から総元寄りに10分程度歩いたところにある踏切で撮影したものです。背景の木々にもうっすらと雪が積もっています。この写真は午前中に撮影したものですが、木に積もった雪は午後には溶けてしまいました。大多喜より大原寄りでは午後には雪がほとんど溶けてしまったのに対して、上総中野寄りでは2~3日は残っていた模様。日頃から積雪が少ない地域とあって、貴重なシーンが撮影できました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。